団体交渉、労働組合対策、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労働組合対策なら杜若経営法律事務所へ

このサイトは、使用者側の労務問題を主に取り扱う弁護士事務所、杜若経営法律事務所が運営しています。
  • セカンドオピニオンも対応可能
  • 使用者側からのご相談のみ受け付けております。労働者側からのご相談は受け付けておりません。
  • 問い合わせ多数の為電話が繋がらない場合がございます。お急ぎの方でも問い合わせフォームからご連絡いただければ、速やかに折り返し連絡させていただきます。

セクハラ等を行った従業員に配転命令を行ったところ組合へ加入し、パワーハラスメントであると主張して団体交渉を要求してきたが、パワーハラスメントではないことを立証し解決に導いた事例

【業種】  運送業

【解決方法】  団体交渉(和解)
【結果】  職場復帰の要求がなされていたものの、最終的に自主退職の形で紛争解決を実現

お問い合わせ状況

この企業様では、所属している男性社員が、日常的に、特定数名の若手女性社員に対して個別に食事に誘う、深夜に電話やメールをする、部下の男性若手社員に対して大声で失跡する等しており、業務の妨げとなるとともに職場環境が悪化していたため、当該社員を配置転換しました。

 

すると、当該社員が組合へ加入し、配置転換はパワーハラスメントであるとして、元の職場への復帰を求めて団体交渉を要求してきたために、今後の対応について当事務所にご相談いただきました。

 

当事務所の対応と結果

事実確認

本案件では当該社員と日頃から接していた周囲の社員から十分に聞き取りを行い、当該社員のセクハラ行動等の事実確認をしっかりと調査し、配置転換が正当なものであったことを基礎づける事実を確認していきました。

 

団体交渉サポート

上記のような経緯で収集したヒアリング結果や証拠関係から、組合に対しては堂々と配置転換がパワーハラスメントではなく適正なものであったことを団体交渉で主張していきました。

 

 

本案件のポイント

組合への対応では、組合の側をまず説得することで、組合から本人を説得させ、結果的に早期に事案解決を図ることができることがあります。

 

本件でも、当該社員の問題点をしっかり主張することで、組合に社員自身の問題点を理解させること

ができ、早期に事案を解決に導くことができた一例であるといえます。

 

当事務所では組合対応についての相談を受け付けております。是非お気軽にご相談ください。

 

 

杜若経営法律事務所
使用者側の労務トラブルに取り組んで40年以上。400社以上の顧問先を持ち、数多くの解決実績を持つ法律事務所です。労務問題に関する講演は年間150件を超え、問題社員対応、残業代請求、団体交渉、労働組合対策、ハラスメントなど企業の労務問題に広く対応。弁護士が得た経験やご相談を執筆しております。