弁護士 本田泰平(ほんだ たいへい)

略歴

平成25年 3月 東京都立新宿高等学校卒業
平成29年 3月 中央大学法学部法律学科卒業
平成31年 3月 慶應義塾大学法科大学院卒業
令和元年  9月 司法試験合格
令和2年 12月 最高裁判所司法研修所終了(73期)

弁護士登録(第一東京弁護士会所属)

杜若経営法律事務所入所

 
 

取扱分野

使用者側(会社側)の人事労務問題(問題社員対応、解雇紛争、未払残業代請求対応、労災対応、労働組合対応等)を専門的に取り扱っている。使用者側(会社側)の代理人として、解雇紛争事案や未払残業代事案など多数の訴訟・労働審判対応のほか、保全事件対応やあっせん手続対応等もおこなってきた。
 

主な講演実績

労働法を基礎から概観する社内勉強会(全5回)
• 従業員を採用する場面において会社側が注意すべき事項
• 賃金のしくみと従業員の労働時間管理について
• 人事異動や解雇をする場面において会社側が注意すべき事項
• 私傷病休職やメンタルヘルスを訴える従業員への対応方法について
• 定年後再雇用と再雇用後の労働条件について