弁護士 平野 剛(ひらの たけし)

略歴

平成 8年 千葉県立佐原高校卒業
早稲田大学法学部入学

平成13年 早稲田大学法学部卒業

司法試験合格(司法修習56期)

平成15年 弁護士登録(第一東京弁護士会)

第一協同法律事務所入所

平成30年 杜若経営法律事務所入所
経営法曹会議会員。
第一東京弁護士会労働法制委員会委員。
同弁護士会業務改革委員会第8部会(弁護士会照会制度担当部会)委員(平成25年度~28年度・同部会長)。


取扱分野

労使紛争について、専ら経営者側の代理人として、各種訴訟(解雇事件、雇止事件、労災民事事件、思想差別事件、残業代請求事件等)、労働委員会での手続き、団体交渉等に携わってきました。
労働事件以外にも、倒産関係事件、会社法関係事件、建築紛争、医療事故事件、製造物責任訴訟等、広く民事事件を取り扱ってきました。
 

主な講演実績

第118回経団連労働法フォーラム(2019年7月開催)第1日目報告者
 

主な著作・執筆

•「パートタイム労働者、有期雇用労働者に対する今後の雇用管理」労働経済判例速報(2019年12/20・30号)
•「固定残業代の有効性判断の柔軟化と運用上の留意点」ビジネスガイド(2018年11月号)
•「ケース別懲戒処分検討のポイント ー判断・求償の考慮要素ー」新日本法規出版(共著)
•「Q&A震災後の人事労務・賃金管理」日本経団連出版(共著)
•「現代労務管理要覧」新日本法規出版(共著)
•「Q&A人事労務規程変更マニュアル」新日本法規出版(共著)
•「フロー&チェック 労務コンプライアンスの手引」新日本法規出版(共著)
•「『事業場外みなし労働時間制』適用をめぐる判決の分析とこれからの労働時間管理」ビジネスガイド(2014年5月号)
•「今さら聞けない企業法務の基本―労働法分野」ビジネス法務(平成21年~平成22年連載)
•「弁護士法第23条の2 照会の手引」第一東京弁護士会(共著)
•「文書提出等をめぐる判例の分析と展開」(平成14年6月6日神戸地裁決定・執筆担当)金融・商事判例増刊(1311号)