団体交渉、労働組合対策、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労働組合対策なら杜若経営法律事務所へ

このサイトは、使用者側の労務問題を主に取り扱う弁護士事務所、杜若経営法律事務所が運営しています。
  • セカンドオピニオンも対応可能
  • 使用者側からのご相談のみ受け付けております。

残業代請求とともに不当解雇がなされたとして争われたものの、任意交渉にて早期解決が図られた事例

【業種】    IT関連

【解決方法】  任意交渉での和解
【結果】    請求額の約半分の額の解決金の支払いによる紛争解決を実現

 

お問い合わせ状況

既に合意退職したはずのもと従業員から、「不当解雇がなされた」として解雇予告手当等に合わせ残業代請求がなされたという事例に関するご相談でした。

 

当事務所の対応と結果

会社の立場として考える残業代は概算値を用いて先方に提示し、「不当解雇」の点と合わせて任意交渉において一回的な解決を図ることができました。

 

本案件のポイント

労働問題の中には、時間をかけてでも徹底的に争うべき事案、反対に特に早期に解決させるべき事案が存在し、それぞれの争いの性質によって求められるべき対応が異なります。

 

本件は残業代請求のみならず「不当解雇」という点も争われていたこともあり、残業代の細目的な金額についてまでひとつひとつ交渉を行って時間をかけることがかえってリスクにつながる事案であると判断されました。そのため、提示する残業代は概括的なものにとどめ、双方が折り合える妥当な範囲での解決金支払いにより早期解決を図りました。

 

労働問題を会社側一筋で扱ってきた弊所にご相談いただければ、当該紛争はとにかく早期で解決するべき事案なのか、時間をかけてでもじっくりと争うべき事案なのかという点も含めアドバイスをご提供いたします。是非お気軽にご相談ください。