団体交渉、労働組合対策、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労働組合対策なら杜若経営法律事務所へ

このサイトは、使用者側の労務問題を主に取り扱う弁護士事務所、杜若経営法律事務所が運営しています。
  • セカンドオピニオンも対応可能
  • 使用者側からのご相談のみ受け付けております。

顧問先様の声 リライ人事労務パートナーズ様

リライ人事労務パートナーズ様の事業内容を教えてください。

企業のステージによってニーズが異なるので3つのサービスを提供しています。立ち上げではアウトソーシングニーズが最も顕在化しますので、給与計算、社会保険・労働保険手続、各種助成金手続きなどを行っております。少し規模が大きくなると人事コンサル、評価、研修などのニーズがあり、更に従業員が多くなると労務の問題が発生しますので、労働契約や就業規則の整備やメンタルヘルス、パワハラ・セクハラ対策などを行っております。

杜若経営法律事務所を知ったきっかけを教えてください。

杜若経営法律事務所が主催で行われた合同労組セミナーに参加したのが最初です。

杜若経営法律事務所をどのように活用しているのかを教えてください。

他の弁護士と違い「距離が近い弁護士」です。他の弁護士は出張などで連絡が取りにくいと感じておりますが、向井先生は電話やメールで気軽にご相談させていただき、そのレスポンスが早い為、結果的にクライアントにスピード対応が可能になっております。

依頼して(顧問契約を結んでいて)良かったという点を教えてください。

最近では、ある社員に対して退職勧奨を行ったところ労働組合に加入され、対応をお願いいたしました。

また弊事務所(リライ人事労務パートナーズ)は医療関係の顧問先が多い為、医師の解雇に関する相談もさせて頂いております。医者の場合は一つボタンを掛違うと訴訟になってしまい、その額も高額になってしまうケースがあります。そうなる前に「予防相談」の様な些細な質問に関するアドバイスを頂いております。

顧間を依頼する前に想定していなかった、契約後に気づいたメリットや効果はありますか?

一つ目は「弁護士は訴訟中心、社労士は現場中心」という考えが変わりました。同じ方向性で協力して解決に向かっていける弁護士がいることが嬉しかったです。

二つ目は先程もお伝えさせていただきましたが、距離が近い為、ビジネスコミュニケーションの面で非常にメリットがあります。

また、杜若経営法律事務所は経営者側の労務分野で信頼と実績がありますので、パートナーであることがクライアントに伝える際にも説得力や安心を感じて頂いております。

貴事務所にとって向井弁護士はどのような存在ですか?

対等なビジネスパートナーとして長くお付き合いさせていただいております。

最後に、向井弁護士との顧問契約を検討されている企業様(士業事務所様)へ のメッセージをお願いします。

些細な問題、予防のアドバイスに関しては、場数を踏んだ社労士であれば解決できるが、複雑な問題に関しては解決できないし、リスクが必ずあります。

また、予防に対するアドバイスはクオリティが上がっており、結果的に顧問先に対するサービスが向上しているので顧問を持っている社労士は必ずそばに置いておくべき存在です。自信を持って杜若経営法律事務所をお勧めします!