団体交渉、労働組合対策、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労働組合対策なら杜若経営法律事務所へ

工場内の衝突事故で従業員から高額な損害賠償請求がされたが、請求額を大幅に減額出来た事例

【業種】  運送業

【解決方法】  訴訟(和解)
【結果】   請求額の2割程度の額の解決金支払いによる紛争解決を実現

 

お問い合わせ状況

工場内で従業員の運転するフォークリフトがバックした際に、他の従業員に衝突してしまい、衝突された従業員が企業様に対して、安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求をしてきているとのお問い合わせでした。

 

該当する従業員はすでに労災認定が下りており、請求金額も多かったために、企業様で今後の対応について悩まれており、当事務所にご相談いただきました。

 

怪我の程度や事故の態様、従業員自身の不注意による過失相殺が争点となり、解決のサポートをいたしました。

 

当事務所の対応と結果

事実確認

弁護士が自ら事故の起こった工場に足を運び、現場の状況を入念に確認しました。実際に現場を確認することで、フォークリフトが実際にどの程度のスピードで走っていたのか、バックのときに鳴るアラーム音はどのような聞こえ方なのか等を検証することができ、フォークリフトに衝突された従業員自身にも相当な不注意があったことを突き止めることができました。

 

裁判サポート

事前に現場確認を行ったことで、事故が起こった現場の状況を裁判官に見てもらうのがいいと判断し、実際に工場に裁判官に来てもらい現場検証を行いました。

その結果、衝突された従業員自身に相当な不注意があった点について、十分な主張立証を行うことができ、請求額を大幅に減額した和解を勝ち取ることができました。

 

本案件のポイント

事故現場の状況を入念に確認し有利な事実を発見できたこと、また、裁判官に現場検証の重要性を説得し実際に事故現場まで来てもらったことが、本案件解決のポイントとなりました。

 

過失割合の算定について、どのようなポイントが重要になるかをわきまえている経験豊富な弊所弁護士が携わったからこその解決事例といえるかと思います。

 

当事務所では使用者側の労働問題相談を受け付けております。是非お気軽にご相談ください。

 

 

杜若経営法律事務所
使用者側の労務トラブルに取り組んで40年以上。400社以上の顧問先を持ち、数多くの解決実績を持つ法律事務所です。労務問題に関する講演は年間150件を超え、問題社員対応、残業代請求、団体交渉、労働組合対策、ハラスメントなど企業の労務問題に広く対応。弁護士が得た経験やご相談を執筆しております。