労務ネット labor-management.net│団体交渉、労働組合対策、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労働組合対策なら杜若経営法律事務所へ

  • HOME
  • 団体交渉|社内
  • 団体交渉|ユニオン
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 労働組合問題
  • セミナー・講演
  • 執筆・出版
  • 事務所紹介
  • HOME
  • 団交申入れにいかに応じるか①

第3回 平成21年7月20日 「団交申入れにいかに応じるか①」

 

合同労組からの団交申しいれにどう対応するべきか

①既に退職した従業員が労働組合に加入したか否か

退職者や被解雇者など会社を一度退職した(少なくとも会社が退職したと考えている場合)元従業員が労働組合に加入した場合は、残業代、解雇問題などいずれの議題でも、金銭で解決することが多く、金銭面で合意できれば、比較的団体交渉の開催回数も短く、短期で終わることが多い。

 

ただし、労働組合が法外な金銭を要求する場合、元従業員が職場復帰を強く求める場合は、団体交渉を何度も開催しなければならなり、場合によっては訴訟に発展することもある。

②支部や分会を結成したか否か

労働組合の上部団体が、○支部や○分会と称して、支部や分会を結成した場合は、労働組合員を増やし、あわよくば組織拡大を図りたいとの意欲を有している場合が多い。

この場合は、支部や分会が1~2か月で消滅してしまうということはまずなく、支部や分会は、長ければ何年にもわたって活動を続けることがある。


労働組合結成後も、社内の従業員に対し組合員になるよう勧誘活動を行う。ただし、労働組合の上部団体は、労働組合の支部や分会を結成する前に、一通り勧誘を終えていることが多く、支部や分会結成後に大幅に労働組合に加入する従業員が増えたという事例は少ない。

したがって、労働組合結成通知より、支部や分会を結成したかどうかを確認することで労働組合の今後の活動をある程度予測することは可能である。

・執行委員長またはリーダーが誰か
支部や分会が結成されたのであれば、特定の社内の従業員が、執行委員長であるとか分会長であるとの名称で役職についていることが多く、その旨を結成通知に記載しているはずである。

支部の執行委員長や分会長が誰であるかは重要なポイントである。支部の執行委員長や分会長に人望があれば、組合員の勧誘活動も円滑にいくことが多く、結成後に組合員数が増えることがある。また、労働組合は結成して終わりではなく、継続して活動するためには、様々な雑務をこなさなければならない。

支部長や分会長が、組合の雑務や組合本部との連絡などを担当することになるので、率先して自分が手間のかかることや、面倒くさいことを引き受ける人でないと組合活動は長続きしない。

また、労働組合の活動は、執行委員長や分会長の意向に左右されることが多く、執行委員長や分会長が会社に対し強い不満を持っている人物かどうかは大きなポイントである。執行委員長や分会長が交代することで活動が過激になったり、協調路線に転換したりすることがある。

したがって、労働組合結成通知より執行委員長や分会長が誰であるかを確認し、労働組合の今後の活動をある程度予測することは可能である。

③上部団体がどこか

社内に支部や分会が結成された場合は、上部団体に加盟しているはずである。結成通知には上部団体が記載されている。

 

しかし、よほど労働組合について知識を有していない限り、この上部団体がどのような団体であるかは、それだけではわからない。

そのような場合は、ホームページで上部団体の名前を検索してみる。ホームページの記事や写真などから、その団体の考えなり思想を随所にうかがうことができる。

 

また、ホームページを見つけたら、リンクの部分を見てみる。リンクの部分にはその上部団体が加盟している団体などが載っているはずである。労働組合は、大きく分けて、連合、全労連、全労協などに分かれる。合同労組も独立系の労働組合があるが、大体は連合、全労連、全労協に加盟しているはずである。どの団体がどのような性格を有しているかはここでは触れないが、リンク先のホームページを見ることでこの団体がどのような思想を有しているか、どのような活動をしているかはわかるものである。

したがって、労働組合結成通知より上部団体のホームページを確認し、労働組合の今後の活動をある程度予測することは可能である。

 

ケーススタディ

1.団体交渉について

労働組合加入(加盟)通知書と団体交渉申入書が届く

ほとんどの場合、前触れもなく、会社に労働組合加入通知書と団体交渉申入書が届く。労働組合の上部団体の方と従業員が直接労働組合加入通知書と団体交渉申入書を持参することがあり、郵送で労働組合加入(加盟)通知書と団体交渉申入書を送ることがある。労働組合加入(加盟)通知書と団体交渉申入書の書式は以下のとおりである。

労働物産株式会社
代表取締役●殿

                                                                                           平成21年●月●日
                                                                                                    ●労働組合
                                                                                              執行委員長 ●
 
                                                                               ● 労働組合労働物産支部
                                                             支部長 ●
                                               労働組合結成通知

このたび、私たちは、労働物産株式会社の社員をもって、労働組合の結成通知を致しました。ここにご通知致します。
なお、労働組合を結成したことをもって、労働組合員に対して不利益な取扱いを行うこと、団体交渉の申しいれを拒否することなどは不当労働行為として労働組合法上禁止されておりますので、予め申し添えます。

                                                                                                           以上


労働組合結成通知の一般的な書式は以上のとおりである。上記の書式は、企業内に支部や分会を結成した場合に作成されるものである。従業員個人が労働組合に加入し、支部や分会を結成しない場合は以下のとおりである

労働物産株式会社
代表取締役●殿
                                                                                           平成21年●月●日
                                                                                                    ●労働組合
                                                                                              執行委員長 ● 
                                                労働組合加入通知

貴社の従業員である●氏が当労働組合に加入しましたので、通知致します。
なお、貴社が、当労働組合員に対して不利益な取扱いを行うこと、団体交渉の申しいれを拒否することなどは不当労働行為として労働組合法上禁止されておりますので、予め申し添えます。

                                                                                                            以上

労働物産株式会社
代表取締役●殿
                                                                                    平成21年●月●日
                                                                                            ●労働組合
                                                                                      執行委員長 ●

                                                                       ● 労働組合労働物産支部
                                                                                            支部長 ●
                                           団体交渉の申しいれ

表記について下記のとおり申し入れます。
                                                        
                                                        記
1 議題
・ 未払い残業代について
・ 年次有給休暇について
・ 組合事務所の貸与について
・ その他便宜供与について

2 団体交渉日時
  平成21年●月●日、午後5時から

3 団体交渉開催場所
  当労働組合事務所内会議室

4 団体交渉出席者
  貴社社長は必ず出席すること

                                                                                                    以上


以上のように団体交渉申入書には、議題、団体交渉日時、団体交渉開催場所、団体交渉出席者についての記載がある。

 

執筆・出版・連載記事に関する一覧

直近の執筆一覧(2012年~)

過去の執筆一覧(~2013年)

当事務所の弁護士による出版物

「労働新聞」連載記事(2009年7月~12月)

「物流WEEKLY」連載記事(2007年4月~2009年7月)


Copyright (C) 杜若経営法律事務所 All Rights Reserved.