労務ネット labor-management.net│団体交渉、労働組合対策、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労働組合対策なら杜若経営法律事務所へ

  • HOME
  • 団体交渉|社内
  • 団体交渉|ユニオン
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 労働組合問題
  • セミナー・講演
  • 執筆・出版
  • 事務所紹介

2 経営陣が監禁・軟禁されたらどうするか 

経営陣が監禁、軟禁された場合、直ちに現地スタッフを通じて政府部門に連絡する必要がある。連絡をすれば警察はすぐに駆けつけることが多い。
ただし、暴力をふるう、トイレなどにも行けないなどの状況が発生していない限り、警察も監禁・軟禁状態をすぐに解除するように介入することはしない。

 

また、政府部門とは別に日本領事館に連絡・状況確認を伝える必要がある。
 
日本領事館は原則として労使交渉の内容に介入することは無いが、監禁・軟禁されていて実害が生じているにもかかわらず(深夜になっても自宅に帰れない・食事も取れない)、現地警察の動きが芳しくない場合は、邦人の安全確保のため日本領事館が外交ルートを通じて介入することもある。

中国におけるストライキ対応 記事一覧

現在、日本国内ではストライキは極めて珍しいですが、中国では決して珍しいとは言えません。
中国で実際に日系企業のストライキ対応を行なっている経験を踏まえて、ストライキが発生した場合の対応と、予防方法について記載しましたので、ご参考ください。
 

ストライキが発生した場合の対応

 

ストライキに対する備え



ImgTop9.jpg
Copyright (C) 杜若経営法律事務所 All Rights Reserved.