労務ネット labor-management.net│団体交渉、労働組合対策、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労働組合対策なら杜若経営法律事務所へ

  • HOME
  • 団体交渉|社内
  • 団体交渉|ユニオン
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 労働組合問題
  • セミナー・講演
  • 執筆・出版
  • 事務所紹介

紛争調整委員会による斡旋の対応

kishida002.png   紛争調整委員会によるあっせんの呼び出し状がきましたが、どう対処したらいいのでしょうかという相談をうけます。

紛争調整委員会による斡旋とは

紛争調整委員会による斡旋とは当事者の間に第三者が入り、双方の主張の要点を確かめ、場合によっては、両者が採るべき具体的なあっせん案を提示するなど、紛争当事者間の調整を行い、話合いを促進することにより、紛争の円満な解決を図る制度です。
 
労働問題に関するあらゆる分野の紛争(募集・採用に関するものを除く)がその対象となります。
 

どのように対応すればいいか?

あくまでも紛争調整委員会によるあっせんとは話し合いで解決を目指すものなので、話し合いがまとまらなかったり、あっせん案を拒否したからといって、使用者が不利益を被ることはありません(訴訟の場合は、判決が出て、使用者が負けた場合は強制執行を受けることがあります)。
 
ただし、あっせんがまとまらなかった場合は、あっせんを申し立てた者が訴訟を提起する可能性もあります。
 
ほとんどの使用者は、あっせんにおいて、解決に時間がかかることをきらい、一定の金額を支払うことで合意をしているようです。あっせんによる解決をするにせよ、これまでの事実経過や勤務実態などにもとづいて解決したいのであれば、専門家同席の下で望まれた方がよいかと思われます。
 
 

労務問題に関する記事一覧



Copyright (C) 杜若経営法律事務所 All Rights Reserved.