労務ネット labor-management.net│団体交渉、労働組合対策、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労働組合対策なら杜若経営法律事務所へ

  • HOME
  • 団体交渉|社内
  • 団体交渉|ユニオン
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 労働組合問題
  • セミナー・講演
  • 執筆・出版
  • 事務所紹介

頭が痛い労務問題は、こうして解決!

未払い残業代対策

kishida002.png  
未払い残業代問題は、企業の大小を問わず深刻な問題に発展すること があります。
 
解雇の場合は、大人数の整理解雇など特殊な例を除けば、被解雇者個人の問題になり、他の社員には波及しません。

しかし、未払 い残業代の場合は、1名の退職者が請求した場合であっても、業種、会社の労使関係によっては、他の数十名、あるいは数百名の社員に影響を 及ぼします。
また、未払い残業代請求という形をとりつつも、背後には在職中の人間関係のトラブル、リストラによる人員削減に対する不 満、経営者交代による事業承継の問題でのトラブルが背後に潜んでいる場合が多いものです。したがって、一つ一つの案件が全く同じということはな く、解決にあたっては困難を強いられることが多いのが現実です。したがって、私としては、依頼者から事情を細かく聞きながら、事案に応じ て、訴訟外で示談をするべきか、訴訟にするべきか、賃金規定も同時に変えるべきか、過去の残業代を清算するべきか判断するようにしています。
 
 
 
 
 
 
 

お金を使い込んだ社員への対応 

懲戒解雇が原則です。
 
会社のお金を使い込んだ社員については、金額の多寡を問わず、懲戒解雇をしてかまいません。裁判所も、会社のお金を使い込んだ社員については、懲戒解雇が相当であると判断しています。
しかし、下記のようなケースでは、訴訟等のトラブルになることがあるため、注意が必要です。
・ 退職金を、一切不支給とする場合
・ お金を使い込んだか否かが書類などから必ずしも明確ではなく、従業員と会社に事実認定に争いがある場合 
 
事前の対策をどうとればいいのか?
トラブルが起きたらどうしたらいいのか?
 
 

うつ病で出退勤を繰り返す社員への対応 

 
最近、精神疾患、特にうつ病を患った従業員についての相談が増えてきました。

・ うつ病になり、休職処分をとったが休職期間が満了してしまう、退職して欲しい
・ うつ病になり、休職と復職を繰り返す従業員がいる、退職して欲しい
というケースがほとんどです。
これらのケースでは、トラブルを避けるために慎重な対処が求められる一方で、会社として退職を含む毅然とした対応をする必要があります。
 
事前の対策をどうとればいいのか?
トラブルが起きたらどうしたらいいのか?
 
能力のない社員を解雇したい場合の対応 
 
能力のない従業員を解雇できるなんて当たり前ではないですか?そのような声が聞こえてきそうですが、今の日本の労働法制では、能力のない従業員をすぐに解雇するのは大変難しいのです。裁判所は、いまだに終身雇用を前提としていますので、能力のない従業員に対し、会社に従業員を指導、教育する義務を課しています。したがって、能力のない従業員を解雇するのは、大変難しいのです。 
 
解雇するにはどうしたらいいのか?
 
 

偽装請負問題(製造業)

偽装請負(ぎそううけおい)とは、業務請負や業務委託の契約形式を採る、または該当者が個人事業主としての契約主体となっている場合であっても、実態が労働者派遣に該当するものを指す。 業務委託によるものは偽装委託(ぎそういたく)と表現する場合がある。
 
違法であるものの製造業ならびにIT業界で幅広く行われていたが、2006年7月末以降断続的に朝日新聞が実態を特集報道[1]したことなどによって問題が顕在化し、労使双方が対策に乗り出すこととなった。
 
類似語として偽装派遣(ぎそうはけん)という用語があるが、これはほぼ偽装請負の誤用である。どうしても派遣という言葉を使いたいのであれば「請負などの非雇用契約を偽装した違法派遣」などとするのが実態をより反映した表現になる。
 
トラブルが起きたらどうしたらいいのか?
 
IT業界の場合はこちら
 
 

パワーハラスメント(パワハラ)

パワハラとは、上司が職務上の権限を濫用して嫌がらせを行うことをいいます。
上司が部下に対し、業務上で嫌がらせを行う、罵倒・侮辱・嘲笑する、不必要な仕事を指示して行うなど様々な類型があります。
 
パワハラがあると分かったら、会社はどうすれば良いか?
 
 

ローパフォーマー社員について

著しく能力が不足する、いわゆるローパフォーマー社員の扱いは、企業の大小を問わずも大きな課題となっています。
現行の法律では能力不足による従業員の解雇に対し、非常に厳しく規制しており、慎重な対応が必要です。
 
ローパフォーマー社員への対応はどのようにすれば良いか?
 

労務問題に関する記事一覧



 

 

お客様の声 解決事例 団体交渉(社内) 団体交渉(ユニオン)
労働組合問題 セミナー・講演 執筆・出版 事務所紹介

 

 

mukai11.jpgのサムネール画像 book3.jpg book4.jpg book2.gif 7.jpg 6.jpg 3.jpg

Copyright (C) 杜若経営法律事務所 All Rights Reserved.